やりがいと苦労を知る

システムエンジニアとしてIT業界で働くことに魅力を感じてスキル習得や資格獲得に励む人が増えてきています。これは、現代社会におけるネットワークシステムの根本となっている情報技術の開発を担う仕事にはやりがいが多いと期待されるからであり、特に就いている仕事にやりがいを感じられずに刺激を求めて転職をする人が増えてきている傾向にあります。

やりがいという観点ではIT業界はよいフィールドです。常に世界を相手に開発競争を繰り広げていることから、革新性に加えてスピードも要求される業界であり、生産性が高く働けば働くほど賞賛される傾向があります。そういった点に魅力を感じて転職する人が多く、エネルギーに溢れた比較的若い人たちによって支えられています。

しかし、忙しい時期においては休日出勤も当然のように行い、連日残業をするということも珍しくないという過酷さがあります。プロジェクトの新興に際してはシステムエンジニアが新しい発想をもってシステムを立案できなければ、その開発を実際に担うプログラマに仕事を提供することができないという面があります。そのため、特にスピードが要求されるにもかかわらず、それが革新的なものでなければプロジェクトが完遂したとしても世の中で賞賛されるようなものには出来上がらないという面も持っています。やりがいもある反面、常に革新性とスピードとを同時に要求される辛さもシステムエンジニアの仕事にはあるのです。